投資不動産を購入するなら中古か新築物件か

投資不動産の家賃収入により収益を生み出すためには、新築物件か中古物件のどちらを選べば良いのでしょうか。

中古物件は、購入資金が少なく数百万円で購入する事ができる物件も多くあります。
たとえ築年数の経っている中古物件であっても、都心で駅から近い場所に建っている物件ならば、投資不動産としての価値は大いにあるでしょう。
ただし、中古物件の場合はメンテナンスに費用が掛かりますし、間違った物件を購入してしまうと賃貸として貸しに出せる様な状態ではない物件を掴んでしまうこともあります。
初期費用が安いため、初心者は特に中古物件へ手を出しやすいですが、デメリットについてもよく考えておかなければいけません。

新築物件を投資不動産として購入する場合、費用はかなり高額になります。しかし立地も良い場合、新築物件は安定した入居者を確保することができます。
最近の入居者は、設備や内装にもこだわりのある方が多いので、新築物件は少々家賃が高くても需要が高い投資不動産だと言えるでしょう。

中古物件をメインに購入して家賃収入をあげている場合もありますし、逆に新築物件を購入して資産を築き上げているというケースもあります。
重要なのは、新築か中古かという事ではなく魅力的な物件を見つけ出すことができるかどうかなのです。